モデルの様に美しい歯並びに成りたい人必見!歯列矯正の豆知識と施術の際のポイントを紹介

当サイトではモデルのように美しい歯並びにしたい人や、歯並びで長年悩んでいる人に最適な情報を紹介しています。
インビザラインの説明や裏側矯正をはじめ、矯正の情報を詳しく紹介しているため、参考にしてください。
歯列矯正は歯の状態に応じて向いている方法が異なるため、種類や手順を理解しておき、自分の歯並びに合う方法を選べるよう医療機関でよく話し合ったほうがいいといわれています。
納得できる形できれいにできる方法を探すことが必要です。

モデルの様に美しい歯並びに成りたい人必見!歯列矯正の豆知識と施術の際のポイントを紹介

歯列矯正には通常のワイヤー矯正をはじめ、裏側矯正、マウスピース矯正などが存在しています。
中にはインプラントを使って手早くきれいにすることのできる方法を採用している医療機関もあるため、自分に最適な方法を選択することが必要です。
大切なのは歯列矯正を専門にしている医療機関を受診することですが、その医療機関で多数の矯正方法を実施しているか確認することが大切となります。
ポイントは自分の歯並びと予算、希望に合った方法を選ぶことです。

健康保険適応外の自費診療の歯列矯正とは

歯列矯正とは、歯並びを直して食事や他人との会話時にストレスを感じないようにさせるために施術をする人が多い治療方法です。
一方で、歯列矯正とは保険適応外とされており、自費診療扱いとなるため、全額を支払う必要があります。
通常国民健康保険が適用される一般的な医療の場合は負担額3割というのが通例ですが、公的医療保険が利用できるのは病気や緊急性の高い治療に限られるため、矯正はそのどちらもあてはまらないことにより適応外と判断されているのが現状です。
命にかかわるものや健康にかかわる問題であれば保険適応で手術を受けることができますが、美容のための外科手術には適用されず、審美目的とされる矯正をはじめとしてホワイトニング、インプラントなども適応外となっています。
このように、歯列矯正とは基本的に自費診療となりますが、噛み合わせの問題から食事が著しくしづらいなどの日常生活に支障をきたす場合は、適応される可能性もあります。

歯列矯正はまとまった資金と忍耐力や継続力が必要

歯並びにコンプレックスを抱いている人は非常に多いです。
出っ歯や八重歯で見た目が悪く、大きく口を開けて笑顔になれないという人も珍しくありません。
日本では歯列矯正は健康保険適応外の自由診療となるので、子供のころに適切に治療を施されないまま大人になる人も多いんです。
だが大人になっても歯列矯正治療は十分可能です。
ただ自由診療で自費治療になるので治療費は高額になってしまいます。
そのため歯列矯正の際にはまとまった資金が必要になることを知っておく必要があります。
一般的な歯列矯正治療で、100万円前後の資金は最低いることを心得ておきましょう。
さらには矯正治療においては、メンタルも大事です。
継続力や持続力といったことが大事になります。
治療は長い人で三年、短くても一年を要することが多いです。
毎月メンテナンスやクリーニングで通院になるので、きちんと予約をし通院できるメンタルやモチベーション維持に努めなければなりません。

一般的な歯列矯正方法の費用相場について

歯列矯正の費用は医療機関や方法、さらに患者の歯並びの状態により幅があります。
軽い矯正の場合であれば30万円前後とされていますが、本格的な治療を行う場合は100万円超えることも珍しくありません。
もちろんこれは治療代だけの料金であり、それ以外にも医療機関へ通う交通費や、医療機関で扱う矯正器具の素材により多少費用が異なりますので注意が必要です。
ワイヤー矯正の場合の相場は60万円から150万円程度ですが、必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。
マウスピース矯正の場合は10万円から100万円前後となるところが大半です。
それ以外にも裏側矯正の場合は100万円から150万円前後、インプラントを使った歯列矯正の場合、他の歯列矯正に数万円から数十万円プラスさせることが多いといいます。
それぞれのやり方や予算に合わせて選択することが、より良い結果を生むため、事前に医療機関へ出かけてカウンセリングを受けましょう。

一般的な歯列矯正の治療期間や保定期間について

歯並びや噛み合わせを整えるためには、歯列矯正治療は優れた効果を発揮してくれます。
とはいえ、歯を動かすのには時間もかかりますし、すぐに装置を外すと後戻りのリスクもあります。
それゆえにかなり長期間治療を続ける必要があることは理解しておきましょう。
一般的な歯列矯正では、どれぐらいの期間が必要になるのかも知っておきたいところですが、部分矯正なら数カ月程度で終わることも多くなっています。
歯全体を動かす場合は1年から2年半程度は必要になると考えておきたいところです。
それから、矯正が終わったら後戻りを防ぐための保定を行うことになりますが、保定は2~3年程度続けていくことになります。
歯列矯正と同じぐらい長く続けるものであることは理解しておきたいところです。
矯正中に虫歯や歯周病が発生すると、それだけ遅れてしまう可能性もありますので、スムーズに進めていくのであれば歯みがきなどの手入れはきちんとしておくことが大切です。
症例によっても年数は変わってきますので、まずはカウンセリングや無料相談などを利用してみましょう。

歯列矯正施術の際のポイント①痛みなどトラブルにあったときの対処法やケアについて

歯列矯正は、審美目的のほかにも、食事をしやすくするためや、その他の口内機能を改善するために利用する人が多い治療となっています。
そのような歯列矯正は、人によっては矯正器具が合わないなどのことによって痛みなどのトラブルに見舞われるケースもあるのが特徴です。
矯正器具が合わないときの対処法としては、自分でいじるということは絶対にせずに、ただちにかかっている歯科医院に行き、器具の調整を依頼する必要があります。
痛みや違和感を我慢していると、顎部分が歪んでしまって、矯正の効果が得られないどころか逆効果になってしまう可能性があります。
歯列矯正後のケアも必要で、人の口内は矯正されたとしても元に戻ろうとする力が働きます。
このような場合の対処法は、マウスピースを作成してもらい、就寝中に装着するというものです。
後戻りを防ぐ処置を怠っていると、歯列矯正の効果が持続せずお金の無駄になってしまう可能性が高いため、アフターケアはしっかりとしましょう。

歯列矯正施術の際のポイント②虫歯リスクを抑えるエアフローやPMTCのクリーニング

歯列矯正の施術を受ける場合には、事前に大切なポイントを確認します。
歯列矯正中は虫歯になりやすいため、徹底した歯磨きが必要になります。
食後に歯を磨いても汚れが残っている場合は、歯科衛生士に汚れを落としてもらいます。
PMTCとエアフローは、広く知られているクリーニングの方法です。
PMTCはプロのクリーニングで、歯の表面に付着した歯垢などの頑固な汚れを専門器具を使って除去します。
丁寧に汚れを取り除くので、歯周病や虫歯のリスクを減らせます。
PMTCで使用する器具は柔らかい素材で作られているので、歯の表面を傷付けずに歯垢を取り除きます。
エアフローは、塩と水のウォータースプレーを歯の表面に吹き付けます。
ジェットクリーニングとも呼ばれ、インプラントの周囲やブリッジの汚れも落とせます。
PMTCの前に行えば、虫歯や歯周病の予防効果を高められます。
施術後は歯の表面が滑らかになり、歯石や歯垢の再付着を防ぎます。

歯列矯正施術の際のポイント③審美性を高めるためEラインに着目した治療のすすめ

顔の美しさは、鼻から顎までのEラインが決め手になります。
歯列矯正で乱れた歯並びを治すと、Eラインが完成します。
顎が小さい患者は、歯並びが悪くなる可能性があります。
歯を抜いてスペースを確保すると、美しい歯並びが実現します。
歯列の乱れが軽い場合は、歯を抜かなくて矯正できます。
マウスピース矯正やワイヤー式の矯正では、歯が移動するスペースがあれば抜歯は不要です。
歯列矯正を検討している場合は、治療前に口腔内の状態を専門医が確認します。
ワイヤー式は金属を使う矯正治療で、金属アレルギーが心配な人はマウスピース矯正を選択できます。
マウスピースは取り外せるので、外食する場合でも問題なく食事を楽しめます。
ワイヤー式の装置は汚れが残りやすく、歯垢が溜まると歯周病や虫歯の原因になります。
矯正治療中は特に汚れの除去に注意して、磨き残しが心配な人はプロのクリーニングで徹底的に汚れを取り除きます。
専用の器具を用いて歯の清掃を行うPMTCは、歯石や歯垢を除去して再付着を防止します。
歯列矯正の治療を受けると、口腔内の健康だけでなく美しい口元も実現できます。

歯列矯正施術の際のポイント④高額な医療費を払うためのカード払いや医療ローンについて

歯列矯正を行うときには、自由診療となっているため医療費が高額となっていることが少なくありません。
実際に様々な支払方法がありますが、現金一括で支払うことが難しくなるような費用であることも多いです。
そのため、費用を適切に支払い方法を理解しておくことが重要といえます。
例えば、クレジットカード払いを推薦しているところも多いです。
クレジットカードで一括払いをする人や、リボ払いをする人など多数の種類が存在しているため、どんなものがいいのかを判断することがポイントとなります。
実際にカードを使う場合、その医療機関で支払える国際ブランドか確認してから依頼してください。
医療ローンを利用することができるところも多いです。
医療ローンを確認する場合には、事前に契約内容をよく読んでから効率よく利用することが望ましいといえます。
QRコード決済を採用しているところもあるなど、歯列矯正の支払い方法は現金だけではなく、多数の種類があるため、現金で支払えないからとあきらめないでください。

歯列矯正施術の際のポイント⑤歯列矯正で医療費控除を受ける方法

歯列矯正でも、審美目的ではなく医療上必要な治療として行われる場合は医療費控除を受けることが出来ます。
ただし、自動的に控除されるわけではありません。
控除を受けるためには確定申告をする必要があります。
これは自営業の方だけでなく、サラリーマン等の給与取得者もしなければなりません。
確定申告は治療を受けた翌年の2月16日から3月15日までの間に管轄の税務署に対して行います。
万が一、控除を受けるための申告を忘れてしまった場合でも、過去5年以内なら後から申告することが出来ます。
申告するためには医療機関の領収書が必要となってきますので、なくさないようにしましょう。
控除できる治療費は1月1日~12月31日までとなっていますので、治療期間が2年・3年となる場合は、領収書が混ざらないようにきちんと管理する必要があります。
また治療のために公共交通機関を利用して通院した場合は、交通費も控除の対象となります。
この場合交通機関を利用した日時・費用・公共交通機関名を忘れずにメモしておきましょう。
歯列矯正を行っているクリニックによっては、確定申告のやり方等も教えてくれるところもありますので、不明な点がある場合はクリニック等に問い合わせしても良いかもしれません。

著者:植竹敏治

沖縄県那覇市生まれ。地元で歯科医院を経営しながら、歯列矯正に関する記事を多数執筆しています。

マウスピース矯正